社長ブログ

リノベーション

リノベーション

最近、ちょいちょい聞くようになった言葉。

まだ、世間には定着していない言葉。

だから、定義もあいまいなんです。

リフォームと同じ??

実は、ボクにもよくわからないんです。

だから、ボクなりにリノベーションについて考えてみました。

リノベーションとは、

住まい手にとって必要性がなくなった住まいを

取り壊すことなく、再びそこで居心地良い(HAPPYな)生活が

できるように、新たな価値を付加すること。

例えばこんな感じ・・・

① 敷地条件

  数十年経つと、敷地環境はすごく変わる

  例えば、南側にマンションが建ったり

  住まいの前の通行量が増えたり

  隣の建物が壊され、明るくなったり

     しかし、住まいはそのまま・・・

  現状の敷地環境に合わせれば、もっと過ごしやすい住まいになるのに!

  その行為は、ボク達が夏に薄着になったり、冬に厚着になったり

  することと同じ

  ■ 環境に合わせて、衣替え

② 住まい手の変化

  人は年をとる

  20年経つと、赤ちゃんは、成人になる

         成人は、大人になる

         大人は、老人になる
  
  年をとると、生活が変わる

  子供のための子供部屋が、進学・就職を機に カラ になる

  2階にある寝室が、年をとると足腰に負担があると1階で生活し、

  寝室が カラ になる

  息子夫婦に、家に戻ってきてほしいが、部屋がない

     しかし、住まいはそのまま・・・

  住まい手の変化に合わせれば、不便・無駄がなくなるのに!

  その行為は、ボク達が成長したら大きめの服を着たり、

  がんばって痩せれば、スリムな服を着ることと同じ

  ■ 自分たちの姿に合わせてサイズ替え

③ 好みの変化

  現代的な住まいが好みだったのに、和風の住まいが好きになったり

  みんなで集まって騒ぐのが好きだったのに、個室で自分の時間を

  過ごすことが好きになったり

  座布団に座っていたのに、ソファに座るようになったり

     しかし、住まいはそのまま・・・

  好みの変化に合わせれば、もっと楽しくHAPPYになるのに!

  その行為は、自分の好みに合わせて服を着替えることと同じ

  ■ 好みに合わせてお着替え

リノベーションとは、ボク達がいつもしている行為と同じ

今の自分に合わせて、服を着ること

服(住まい)が自分(住まい手)を、合わせるのでなく

自分が服を合わせる

無理せず、気軽に、思いのままに!!

新しい靴を買うと、それを履いて外にお出かけしたくなるように、

新しい床にすることで、家でコロコロしたくなれば、素敵だなぁ。

それが、住まいの新しい価値。

関連記事


アーカイブ

最近の記事

ページ上部へ戻る