社長ブログ

とんど

安佐南区上安では、『とんど焼き』があります

ボクは小さい頃から、『とんど』と呼んでいたので

ここでも『とんど』と書きます

先週の11日に、その『とんど』が会社の近くでありました

『とんど』とは、

1月14日の夜または1月15日の朝に、刈り取り跡の残る田などに

長い竹を三四本組んで立て、そこにその年飾った門松や

注連飾り、書き初めで書いた物を持ち寄って焼きます

その火で焼いた餅を食べるとその年の病を除くと言われています

また、書き初めを焼いた時に炎が高く上がると字が上達すると

言われているみたいですよ

そこの『とんど』では、地域の方が

ぜんざいをつくってみんなに配っていました

大人も子供の、そのぜんざいを夢中に食べているのが

とても印象的でした

ボクも、ぜんざいを頂きました

『とんど』の灰が、ぜんざいにどんどん入って来ましたが

そんなの気にせず、夢中で頬張りました

懐かしい甘さが、とてもよかったです

20110105_1684429_t

関連記事


アーカイブ

最近の記事

ページ上部へ戻る