ブログ

町並みについて

 

先日、広島市内に行った時

ちょっと気になる景色に出会いました

20110105_1684462_t

大きな通りの交差点に建つ、ビルの改修工事の様子です

工事のため、ビルに足場をかけて養生シートで覆っています

これは、日本ではどこでもおなじみの景色ですが、

実は、ヨーロッパの大きな通りでは、ちょっと違った景色なんです

20110105_1684463_t

 

養生シートに、改修中のビルの写真(絵)がプリントされており

町並みの景色を壊さない工夫がされているのです

工事中だからといって、町並みの景色を崩さない配慮があります

これは、建物・街並みを残す意識の違いだと思います

ヨーロッパは古き良き街並みに価値を見出し

日本は、新しきことに価値を見出す

そのため、日本の白やグレーの養生シートに

下手したら会社の広告が載せられます

町並みになじむのではなく、目立たせる

これも日本の文化

と言えば、そうかもしれませんが

それでいいのか??

疑問が残ります

最近、日本も建物を残す・長く使い続ける方向に

動いてきています

数十年後

この考え・価値が定着すれば

日本の養生シートのデザインも変わるはず

町並みを大切にしたデザインに

関連記事


アーカイブ

最近の記事

ページ上部へ戻る