社長ブログ

繁之BOOK-4

日本でいちばん大切にしたい会社

坂本 光司 著

20110105_1684491_t

この本は、今の日本の企業に起こる

不正・不祥事・改ざんなど

利益目的が主であるために起こってしまった

あってはならない間違った経営ではなく

本来あるべき姿の経営を紹介しています

それが、『 大切にしたい会社 』という視点で

まとめられています

この本は、今のボクにとって、とても参考になりました

今、ボクは会社の理念・方針を考え直しています

その考えが正しいのか、と迷っている最中に読んだことで

自分の考えが間違っていないと確信しました

この本の中で、参考にしたのが

『 五人に対する使命と責任 』

です

このことに対し行動することが、本当の経営だと書いてあります

その五人が以下の通りです

① 社員とその家族を幸せにする

② 外注先・下請企業の社員を幸せにする

③ 顧客を幸せにする

④ 地域社会を幸せにし、活性化させる

⑤ 自然に生まれる株主の幸せ

ここで、大切だと思ったのは

一番目に社員とその家族を幸せにすることが来ていること

大切なのは、社員が生き生きとしていないと

ダメ

その幸せオーラが、お客さんに伝わっていくと思う

だから、まずはボク達が幸せになれるようにしたい

それは、利益を得るということではなく

幸福と思える幸せを

関連記事


アーカイブ

最近の記事

ページ上部へ戻る