ブログ

リフォームすることについて

 

最近、続けて中古住宅を見に行く機会がありました

どれも築20年強の住まいばかり

ボクは、これまでリフォームは、すべての住まいに対応し

リフォームすることで、そこに住む人をHAPPYにできると

思っていました

しかし、中古物件の中には、このままじゃ

心地よい住まい、HAPPYを届けられない、という住まいも

あると知りました

例えば、太陽の光が入る南側に階段があり、北側にキッチンと

リビングがあるとします

この場合、お金をかけて階段の位置を移動し

光の入る南側にリビングを持ってくることは、できるかもしれませんが

そこまでのリフォームをすると、新築を建てた方が

安かったりします

住まいの寿命より、間取りで住づらくなってしまう

リフォームするなら、現在より心地よくしたい

しかし、できないこともある

しない方が良いこともある

大切な住まいを、長く残すには、新築時に

長く残せる間取りをちゃんと作ることが大切なんだな、と思った

リフォームは、大切な住まいを維持させるための手段

ボク達も新築をやらさせていただくこともあるので

その際に、長く、大切に、愛される間取りを考えないといけない

10年・20年・30年・40年・50年と

長い年月に、対応できるように考えようと思います

関連記事


アーカイブ

最近の記事

ページ上部へ戻る