ブログ

久々に本の紹介です

 

最近、なかなか本が読めなかったのですが

季節が秋に向うにつれて

無性に本が読みたくなったので

本屋に行って何冊か買っちゃいました

今日は、その中の一冊

『 社長になる人に知っておいてほしいこと 』

松下幸之助(述)

20110105_1684759_t

(「幸之助」と「咲之助」ボクの子供の名前と似ているのは、

何かの縁か??)

実は、松下さんの本を読むのは初めてなんです

なんというか、雲の上の存在過ぎて

本を選ぶのにちょっと避けてました・・・・

しかし、

勇気を振り絞って読んでみました

『 オモロイ 』

ヒトとして、すごく魅力を感じました

やっていることは、とても地味で小さいことですが、

その行為にとても深い意味を持ってやっている

例えば、

「熱意」を社内一持ち続けていること

社員との対話を積極的にとっていること

目標を与え続けていること

素直な心で見分けること

叱る苦労をしていること

人の長所を見ること

相手に損をさせないという考え

発意と反省の繰り返しで日々を過ごしていること

一つの行為がなぜ必要なのか?

なぜやらなくてはいけないのか?

それをしっかり見据えて

日々活動しているところが、オモシロイ=参考になります

ボクは忙しいとか、面倒くさいとか、大変だからとか

なんやかんやで、やらなくてはいけないことに

目を向けずにいることも多々あります

ボクも、ちゃんとひとつひとつの行為の意味を

考えて活動しようと、改めて決意しました

社長には、まだまだ遠いですが

今の段階で、この本に出会えたことに

ありがとう★

関連記事


アーカイブ

最近の記事

ページ上部へ戻る