ブログ

大工さんとの会話にて

 

現在、新築工事をしている大工さん(山崎大工)とは

現場で、よく話をします

20110105_1684762_t

↑ 山崎大工(=宮大工)

現場の納まりの話はもちろんですが

それより、

『 人生について 』

『 経営について 』

『 ヒトを育てることについて 』

『 遊びの大切さについて 』

『 デザインについて 』などなどなどなどなど~~~~

本当に、たくさんの話をします

(話しすぎて、現場が進まないことも多々・・・)

今日は、『 デザインについて 』話しました

大工さんは、僕にこんな話をしてくれました

ボク達が作るデザインは、

お客さんあってのデザインなので

注文物件だと、『 心から愛おしくなるようなデザイン 』であり

分譲だと、『 売れるデザイン 』であるべき

それを、わかっていないと仕事は増えないぞ!!

設計事務所の仕事を、たくさん手がけてきたが

自分のデザインを売ることばかりしているところは

やっぱり続いてないね

デザインは、良いかもしれないけど

お客さんにとって愛着がないんだよな

ということを、教えていただきました

ボクも、以前から同じような事を考えていたので

やっぱりそうだよなぁ

と、確信できました

このブログで以前、書きましたが、

ボクにとっての『 デザイン 』とは、

例えば

あるレストランに行って、

玄関を入って、席について、メニューを見て、

注文して、食べて、飲んで、トイレに行って

コーヒーを飲んで、支払いをして

「良い店だったね!また行こうね!!」って

会話して、心地いい余韻のまま

寝て、明日になる

この一連の流れの中で、どこにも違和感がないこと

そんな環境を作ることことが、

『 ボクにとってのデザイン 』の理想です

(分かりずらいですよね・・・)

では、

大工さんとの話で面白い内容があれば

このブログを通して、みなさんにお伝えしますね!!

関連記事


アーカイブ

最近の記事

ページ上部へ戻る