ブログ

評価について

 

広島に帰って

リフォーム店の店長として

3年経ちましたが

いろんなことを考えさせられます

最近、考えることとして

『 評価する、評価される 』

についてです

人の評価(会社の評価も同様)って

いくら自分が頑張っていても

相手がそれを、どう判断するかによる決まるんだなって

当たり前のことですが

最近、すごくそのことを感じています

仕事をしていると

自分に関係する人がたくさんいます

お客さん

協力業者

スタッフ

地域の皆さん

チラシ、NETでボク達の事を知った人達

書き出したら、キリがないくらい

たくさんいます

しかし、自分の評価が、

このグループには良いけど

このグループにはダメ

では、トータルでいうとダメなんだと思うんです

どこかで『 ダメ 』という評価があるということは

それが本当の評価

『 良い 』というのは、あくまで

良い風に演じているだけだと思う

自分も店長という立場上

人(会社・職人)を、評価しています

また、いろんなところで逆に評価されています

それは、自分を含めて、過去の歴史や周りの環境を加味しながら・・・

なかなか、

思い通りにはいきませんが、

他者からの評価を、しっかりと受け止めなければいけない

『 俺、そんなことないよ~~ 』

じゃなくて

そんなことだと思われているのは、事実なので

受け入れる

『 良い 』という評価は、すぐには手に入れることはできませんが

これから、長い時間をかけて

勝ち取っていければと思います

長い文章でしたが

今日は、仕事をしながら、こんなことを考えていたので

書いちゃいました!!

20110526_1941464

関連記事


アーカイブ

最近の記事

ページ上部へ戻る