社長ブログ

『 家 』について考える

 最近、広島にも

「 リノベーション 」の波が来ております

中古マンション+リノベーションが、新たな住まい方

として、雑誌やTVなどにも頻繁に出てきてます


「リノベーション」という住まいの選び方は、

これから、家選びの一つのパターンになるんじゃないかなと思います


その理由は、

ニーズの細分化

民間給与の低下

ビンテージ価値の定着

新築着工数の減少




しかし、

ボク個人的な意見としては

ボクの住む安佐南区エリアは、マンションではなく戸建て住宅が多く

戸建て住宅を、対象に仕事していきたいと考えています

例えば、

新築であれば、1世代に不要となってしまう家を

2世代まで使える家づくりが出来ないだろうか?

ボク達世代が『 実家 』を創る

次の世代にも、通用する家


そのためには、家のメンテナンスが必須

もっと重要なことは、

次の世代が、この場所に住みたいと思えるような環境


ボク達の仕事は

家づくりの『 ハード 』と

環境づくりの『 ソフト 』が必要だと考える



この度、ホームサービス植木では

新しい分譲住宅を試みた

『 コノバの家 』




「コノバ」とは

① この場所=敷地環境

② この場面=思い出を残した経年変化



近隣環境をうまく活かした家

住むごとに愛着が育つ家




現在着工中です

9月23日~25日に、見学会を行います

ご興味ある方は、ご連絡ください

関連記事


アーカイブ

最近の記事

ページ上部へ戻る