社長ブログ

29期、新たな仕事に挑戦したい

9月で28期を終え、1か月経ち

売上、粗利、物件単価等のデータがまとまりました

結果、ボクが店長として勤めさせていただいてから4年間

緩い勾配ではありますが、これまで右肩上がりにきております

 

これは、スタッフをはじめ、職人さん、協力業者

そして、お客様や地域の皆様のおかげだと感じております

少しずつでも、「ホームサービス植木」が、皆様にとって必要な存在になっていければ幸いです

 

『 ヒトを大切にする会社 』

として、今後も「住まいのこと」を中心に、お役に立てればと思います

 

 

そして、29期を迎え

新たな仕事に挑戦したいと考えています

ここでも、『 ヒト 』を中心に考え、進めていきます

その仕事とは

『 安佐南区の中古木造住宅を流通させること 』

 

02-01

 

なぜか??

役所のデータによると、15年後に安佐南区の人口が1/3減るらしく

そうすると、単純に住宅に関わる仕事量も1/3減るだろうと予想されます

ボクは今、団地に住んでいるのですが

その団地も高齢化が進んでおり、感覚として10年以内に結構

減るだろうなと、感じています

 

ならば、今できることは何か??

空家になった中古住宅に、若者を呼ぶことだ!!

そして、団地活性化を目指すことだ!!

そう思うんです

 

現在、いろいろ検討しておりますが

なかなか難しいですね

木造の場合、構造躯体の老朽化が一番のネックになってきます

現状の耐震基準にまで耐力UPさせようと思うと

費用がかさみ、安佐南区の場合、

新築住宅と同じくらいの価格になってしまいます

そうなると、新築と中古だと何を基準に、お客様は選ぶのか?

立地?土地・建物の広さ?アフターケア?

 

ボク達に出来る中古木造住宅の流通手法を

『 ヒト 』を中心に考え

今期はそこを検討し、進めていこうと思います

関連記事


アーカイブ

最近の記事

ページ上部へ戻る