トイレリフォーム+ドアの敷居撤去

築15年以上の住まいの多くには、各部屋の扉の下に

『 敷居 』があります

そのため、出入りの際にその敷居をまたがないといけません

転倒する可能性が、とても高いですね

 

しかし、住んでいる方はそれを当然(普通)だと思っていることが多い

 

実は、その敷居は外せて、段差解消できるんです!!

 

今回は、トイレリフォームのご依頼があり

その際に提案させていただいたところ、

敷居撤去となりました

 

工事前の写真がこちら ↓

CIMG5376

CIMG5378

 

さらに、もう一つ!!

 

トイレリフォームの際、

弊社では、床のやり替えも勧めています

理由は、こちら↓

CIMG5895

便器を外すと、どうしての便器の跡が残ってしまいます

最近の便器は、小さくなっているので

その跡を隠そうとしても、なかなかうまくいきません

そのため、床(クッションフロア)のやり替えをすすめています

 

そして、工事後の写真がこちら↓

 

CIMG5903

CIMG5904

CIMG5905

敷居を撤去すると、ドアと床の間に空間が出来てしまうので

ドアの下に加工材を取付、色を塗っています

これで完成

バリアフリーのトイレの出来上がりです!!

関連商品

  1. トイレ差しかえ工事(安佐南区高取北 K様邸)

    トイレも20年経ち、故障も増えてきたので修理より新しいトイレにしようと思われ『いつも、ニュースレター読んでるのよ』と即、弊社に電話をしてきて下さいました。

  2. マンション室内断熱工事

    身体障害者のいらっしゃるご家族のトイレリフォームを行いました 段差のある和式便所から、洋式便所へリフォームしました

  3. 敷地環境に合わせて、プラン変更

    「キッチンと、お風呂をリフォームしたい」という依頼があり現場に向かうと、 リビングが、西側にあり、寝室が南側にありました

  4. トイレリフォーム@安佐北区深川

    LIXIL アステオ、ラシッサフロア

  5. 安佐南区八木O様にてLIXILの最新トイレ「プレアス」

    タンクレスのように見えますが、実際は、タンクがついています節水型なのでタンク量が小さくてよいので、すっきりとした形が実現できたようです

  6. 2階増築で、寝室+トイレ追加

    「単身赴任していた夫が帰ってくるの!」という生活者の変化からリフォームすることになりました

ページ上部へ戻る