,

介護用にトイレリフォーム

洋便器と和便器が、別々の扉で2か所あったトイレを

リフォームして、介護がしやすいトイレにしてほしいと依頼がありました

 

介護保険の補助金も利用しての工事です

 

今回、介護用のトイレリフォームということで④つのポイントを改善させていただきました

 

① 介護する側が、楽なようにトイレ空間を拡げたこと

② 開き扉を引き戸に変更し、段差を解消したこと

③ トイレからの立ち上がりが楽なように手摺を設けたこと

④ トイレ自体をタンクレスの小さいサイズにし、手洗い器を別に設け、

トイレ空間を有効活用したこと

 

計画図面がこちら ↓

20120807115138_00001

 

工事前がこちら ↓

CIMG3590

CIMG3589

CIMG3594

 

リフォーム後がこちら ↓

CIMG4341

CIMG4339CIMG4342

CIMG4335

 

 

トイレリフォームは、住まいの中で一番小さい空間ではありますが

考えれば、いろんな快適ポイントがあります

介護用のトイレなら、なおさらです

ただ単に、トイレと言っても、皆様の住まいによって

広さや、窓の位置、コンセントの有無、段差、換気扇の有無など様々です

 

既存にあるモノを利用し、より快適な空間にすることが

『 リフォーム 』です

 

リフォームの良さは、既存の使い勝手等を考慮して

お客様と一緒に、どうすればもっと良くなるか一緒に考え

プロとしての提案をし、実現していく事です

 

リフォームには、本当にたくさんのカタチがありますよ!!

関連商品

  1. 2階増築で、寝室+トイレ追加

    「単身赴任していた夫が帰ってくるの!」という生活者の変化からリフォームすることになりました

  2. アコーディオン間仕切り工事@相田

    生活スタイルの変化によりLDKを広く使う必要が無くなったので間仕切りをしてほしいという依頼がありました

  3. 車いす生活を想定したトイレリフォーム

    高齢ご夫婦よりトイレリフォームの依頼をいただきました 手洗いを設けるついでに、 車いす生活になっても、洗面として利用できるように

  4. 最近、人気の可動ルーバー雨戸

    エアコンはあまり好きじゃないけど、 仕方がなくエアコンをつけていらっしゃるお客様も多いと思います そんな方々に人気なリフォーム商品があります

  5. 介護のためのリフォーム

    高齢のご夫婦が二人で生活されていましたが ご主人様が入院をすることとなり 近くに住んでいる娘夫婦がいずれ同居する計画があるので一緒に住めるようにリフォームしました

  6. 介護保険を使って段差解消と手摺設置

    玄関ホールと、トイレに手すりを設置しました また、廊下・トイレ間、廊下・リビング間の扉の敷居が上がっていたので、その段差解消も行いました

ページ上部へ戻る