,

和風便器から洋風便器へ (高齢者住宅改造費補助申請をつかって・・・)

OB客のN様宅に遊びに行ったとき、トイレをリフォームしているのを見て

リフォームを考えているとの事で、N様よりご紹介して頂きました。

 

奥様の足が、ご不自由になってきたので、

和風便器では不便だということで、洋風便器にしたいとのご要望でした。

築40年のお宅のため、*トイレが少し狭い

*奥様の身体が不自由になってきている

DSCF4907

◆ご提案として

*トイレ空間を少しでも広く使って頂けたらと思いタンクレストイレ

*奥様の足が不自由なため、手が洗いやすいように手洗いの設置

OBのN様にもご同行頂き、Y様と一緒に

TOTOショールームへ行き、現物を見ていただきました。

ces9573r_1 image

トイレは、タンクレストイレ TOTO ネオレストD2

手洗いは、壁掛手洗い(丸形) に決まりました。

奥様としては、手洗いを角形でスマートなトイレ空間を望まれていましたが、

ご主人様、N様ご夫婦、TOTOのアドバイザー・・・そして、私が

丸型の方をオススメました。

丸形の方が、手が洗いやすく、角があるより丸いほうがぶつかった時に

危なくなく、角がない方が広く見えるということで・・・・・

奥様にもご納得頂き、丸形に決まりました。

ショールームだと現物があり、見て、触っていただけて

納得もしてもらいやすかったと思います。

 

完 成 ヽ(*´∀`)ノ

SN3S01050002

DSCF5169 DSCF5174

DSCF5177 DSCF5179

内装の壁のクロスで、ご主人様はシンプルに白が良いと

奥様は、花柄にしたい、グリーン色が好きとのご要望で

必殺!N様と同じ方式で・・・(笑)

左右をホワイトに、一面をアクセントとして花柄をもってきました。

また、N様と同じように、余った木材で

大工さんに飾り棚を作ってもらいました。

また、手すりも木目にし、統一感と温かなイメージの

トイレ空間になったと思います。

 

これで、奥様の負担が少しでも楽になって頂ければ嬉しく思います。

 

お孫さんが、和式便器は使えないと言っていたけど・・・

新しいトイレになり、お孫さんに喜んでもらえると喜んでいた

Y様が印象的でした。

 

今回、奥様の足が不自由で、『住宅改修支給』の制度を使われており、

区役所に相談をしたところ

高齢者住宅改造費補助申請』の給付制度が使えるとのことで

これを使い工事をさせて頂きました。

お客様の負担が少しでも少なくてよかったです。

関連商品

  1. 和室→寝室リフォーム@安佐北区

    娘様から愛のこもった和室リフォームプレゼント

  2. 介護保険を使って段差解消と手摺設置

    玄関ホールと、トイレに手すりを設置しました また、廊下・トイレ間、廊下・リビング間の扉の敷居が上がっていたので、その段差解消も行いました

  3. 2階増築で、寝室+トイレ追加

    「単身赴任していた夫が帰ってくるの!」という生活者の変化からリフォームすることになりました

  4. トイレリフォーム工事@安佐南区伴南

    中古住宅を購入され、少しづつ自分たちの暮らしにフィットした家にするための第一弾リフォーム工事でした

  5. 小さな事をちゃんとやるトイレリフォーム

    トイレリフォームと言っても、実はやり方が無数にあります まず大切なことは、 お客様が何を求めているのかを把握すること

  6. 和室から洋間へ、生活スタイルの変化に合わせて

    1階の和室続き間の1部屋をフローリングにしてほしい いずれ、そこにベッドを置いて寝られるようにしたい そして、その部屋には窓が無いので、窓も作ってほしいというものでした

ページ上部へ戻る