車いす生活を想定したトイレリフォーム

高齢ご夫婦よりトイレリフォームの依頼をいただきました

手洗いを設けるついでに、

車いす生活になっても、洗面として利用できるように

計画をしました

トイレは、LIXILのサティスを採用しました

便器の奥行きが狭いので、便器の前のスペースが広くとれるため

車いすの移動が楽に行えます

 

内装も、奥様好みの素敵な

トイレ空間となりました

関連商品

  1. 介護用リフォーム

    ご主人(80代)と奥様(80代)の二人生活の為のリフォームの依頼を受けました 奥様が車いすの生活となったため、浴室のリフォームと、玄関ホールからDK、寝室のすべてをバリアフリーに して欲しいというご要望でした

  2. 間接照明のある寝室

    1階の和室を、ベットのおける洋室にリフォームしました さらに寝室でゆっくり寝られるように照度を落とす工夫として 『 間接照明 』を設けました

  3. 介護保険を使って段差解消と手摺設置

    玄関ホールと、トイレに手すりを設置しました また、廊下・トイレ間、廊下・リビング間の扉の敷居が上がっていたので、その段差解消も行いました

  4. 開き戸にアクリルを入れると・・・

    既存の開き戸にアクリルを入れて、向こう側の人影が見えるように リフォームしました

  5. 旧家の門番小屋リフォーム

    旧家の門番が使っていた小屋内を 来客があった時にちょっと使える部屋にしてほしいということで リフォームしました

  6. おすすめ室内断熱窓

    『 室内断熱窓 』を紹介いたします サッシメーカーYKKでは、商品名を「プラマード」と呼び TOSTEMでは、「インプラス」と呼びます

ページ上部へ戻る